SLActive®抗炎症の潜在性に関する最新データを探索してみてください。

SLActive
に関する
詳細情報は
こちらをクリック

Immediate
Loading

イミディエイト
ローディングにおける
高い予知性

Compromised
Patients

リスクの高い患者
のグループにおける
優れた成功率

Enhanced
Bone Grafting

有意に高い
新生骨の形成

成功へのスタンダードの確立
想像を超えたパフォーマンス

世界をけん引する臨床家とともに、StraumannはSLActive®表面性状の優れた治癒能力を実証するため、最も困難な病状と治療プロトコルにおけるSLActive®インプラントの臨床性能を研究してきました。

近年、新たなデータおよび研究結果が発表されています。治癒能力を最大化するSLActive®の驚異的なパフォーマンスのベネフィットを模索してください。

イミディエート
ローディング後
10年のインプラント
生存率2
 
98.2%
生存率
ランダム化比較
多施設共同研究
患者:
30名、インプラント39本

放射線治療による
骨治癒リスクを
伴った患者における
インプラント成功率
(1年間経過3

100%
成功率

ランダム化
臨床試験
患者:
19名、インプラント97本

TOP

Immediate loading

長期結果

イミディエートローディングはインプラント体の埋入直後から修復物の恩恵をうけることができます。
しかしながら、この厳しいプロトコルはより高いリスクも伴います。

イミディエートロー
ディング後 10年の
インプラント生存率2
98.2%
生存率
ランダム化比較
多施設共同研究
患者:
30名、インプラント39本
  • ランダム化多施設共同研究の新しい長期データは、イミディエートローディングにおけるSLActive®の優れたパフォーマンスを実証しています。
  • 実際に、厳しいプロトコルにおけるSLActive®インプラント10年の生存率は98.2%を示しています。2

当スタディの主な研究者の声

TOP
スタディ概要をダウンロード
TOP

放射線治療を受けた患者におけるSLActive®

期待以上の予知性

インプラント治療のために最も困難な患者グループの一つに、腫瘍手術、化学療法および放射線療法の併用を受けた患者が含まれます。これらの患者は骨質が著しく損なわれています。

放射線治療を受けた患者に対するSLActive®のパフォーマンス

1年後の経過観察3

患者1名はガン再発のため研究に含まれず、
従って上記グラフは患者97名、インプラント19本を表記します

5年後の経過観察13,14

患者4名は亡くなり、5年結果に含まれず、
従って上記グラフは患者97名、インプラント19本を表記します

ランダム化臨床試験3
  • インプラント体102本、患者20名
  • 術後、口腔癌に対する放射線治療と化学療法
* Success criteria as per Buser D. et al. Long-term stability of osseointegrated implants in augmented bone: A 5-year prospective study in partially edentulous patients. Int J Periodont Restor Dent. 2002; 22: 108–17.
** 一部調整( 死亡患者を除く)

5年間の追跡データ:
最終版発行

臨床家の声

TOP


NEWS UPDATE from Dental Tribune International

Watch an interview with Prof Nelson to get to know more about the study and challenges of prosthetic rehabilitation of irradiated patients.

Discover how SLActive® implants improved the quality of life in these patients.

TOP
スタディ概要をダウンロード
TOP

妥協を許さないパフォーマンス

たとえ糖尿病患者においても

  • 糖尿病罹患患者においては、インプラント治療に影響を及ぼす治癒能力 の低下があります。15,16
  • 世界的にみると、60歳以上において6人に1人が糖尿病に罹患しています。17

2型糖尿病の増加する傾向を考えると、特に高齢の患者に対して
臨床医はどのようにこのリスクを対処するべきでしょうか?


糖尿病患者におけるSLActive®の高い予知性の臨床的なエビデンスの増加:

糖尿病罹患の有無の2つのグループに対して行った新しい臨床研究19で、SLActive®インプラントの糖尿病に影響されないパフォーマンスが証明されました:

  • 糖尿病罹患患者グループにおける成功率100%
  • 健康な方と同様の骨の変化
  • クオリティの低い骨質にもかかわらず、この研究における全てのインプラントは、良好な初期固定を示しました。

糖尿病罹患
患者グループ19に対する
パフォーマンス

100%
成功率
患者の健康状況比率:
15名糖尿病
14名健康

当スタディの主な研究者の声

臨床家の声

新しい研究でSLActive®は高い抗炎症の潜在性を示しました。
  • Roxolid SLActive®の表面性状は、組織の抗炎症反応20を促進します20
  • 糖尿病において、SLActive®は過度な抗炎症反応を調整し、オッセオインテグレーションを改善します。21
SLActive®抗炎症の潜在性に関する最新データがアメリカのIADRにおいて発表されました
  • Roxolid SLActive®インプラントは、主要競合他社インプラントに対して最も高い抗炎症能を示します
 
詳細はコチラ
TOP
SLActive®カタログをダウンロード
TOP

骨再生の促進

リスクの高い部位においても

Enhanced
Bone Grafting

骨の欠損はオッセオインテグレーションの予知性に大きく起因します

  • 最近の臨床前研究22において、親水性SLActive®は疎水性SLA®に比べ、
    8週で有意に高い新生骨の形成が見られました。

8週目における骨形成

8週後の組織学的な見地からの骨形成(新生骨および骨補填材)

臨床家の声

TOP

高いパフォーマンスの表面性状の探求

臨床家の声

TOP

REFERENCES

1 Straumann SLActive implants compared to Straumann SLA implants. Lang NP, Salvi GE, Huynh-Ba G, Ivanovski S, Donos N, Bosshardt DD. Early osseointegration to hydrophilic and hydrophobic implant surfaces in humans. Clin Oral Implants Res. 2011 Apr;22(4):349-56. doi: 10.1111/j.1600-0501.2011.02172.x.

2 Nicolau P, Guerra F, Reis R, Krafft T, Benz K , Jackowski J 10-year results from a randomized controlled multicenter study with immediately and early loaded SLActive implants in posterior jaws. Presented at 25th Annual Scientific Meeting of the European Association of Osseointegration – 29 Sep – 1 Oct 2016, Paris.

3 Patients  treated with dental implants after surgery and radio-chemotherapy of oral cancer. Heberer S, Kilic S, Hossamo J, Raguse J-D, Nelson K. Rehabilitation of irradiated patients with modified and conventional sandblasted, acid-etched implants: preliminary results of a split-mouth study. Clin. Oral Impl. Res. 22, 2011; 546–551.

4  Yerit, K., Posch, M., Seemann, M., Hainich, S., Dortbudak, O., Turhani, D., Ozyuvaci, H., Watzinger, R. and Ewers, R. (2006) Implant Survival in Mandibles of Irradiated Oral Cancer Patients. Clinical Oral Implants Research, 17, 337-344. http://dx.doi.org/10.1111/j.1600-0501.2005.01160.x

 5 Verdonck, H.W.D., Meijer, G.J., Laurin, T., Nieman, F.H.M., Stoll, C., Riediger, D., Stoelinga, P.J.W. and de Baat, C. (2007) Assessment of Vascularity in Irradiated and Non-Irradiated Maxillary and Mandibular Alveolar Minipig Bone Using Laser Doppler Flowmetry. International Journal of Oral Maxillofacial Implants, 22, 774-778.

6  Hu, W.W., Ward, B.B., Wang, Z. and Krebsbach, P.H. (2010) Bone Regeneration in Defects Compromised by Radiotherapy. Journal of Dental Research, 89, 77-81. http://dx.doi.org/10.1177/0022034509352151

7 Wang, R., Pillai, K. and Jones, P.K. (1998) Dosimetric Measurements of Scatter Radiation from Dental Implants in Stimulated Head and Neck Radiotherapy. International Journal of Oral Maxillofacial Implants, 13, 197-203.

8  Grotz, K.A., Al-Nawas, B., Piepkorn, B., Reichert, T.E., Duschner, H. and Wagner, W.(1999) Micromorphological Findings in Jaw Bone after Radiotherapy. Mund-, Kiefer- und Gesichtschirurgie, 3, 140-145.

9 Chambrone L, Mandia J, Shibli JA, Romito GA, Abrahao M. Dental Implants Installed in Irradiated Jaws: A Systematic Review. Journal of Dental Research. 2013;92(12 Suppl):119S-130S. doi:10.1177/0022034513504947.

10 Shugaa-Addin B, Al-Shamiri H-M, Al-Maweri S, Tarakji B. The effect of radiotherapy on survival of dental implants in head and neck cancer patients. Journal of Clinical and Experimental Dentistry. 2016;8(2):e194-e200. doi:10.4317/jced.52346.

11 Nooh N. Dental implant survival in irradiated oral cancer patients: a systematic review of the literature. Int J Oral Maxillofac Implants. 2013 Sep-Oct;28(5):1233-42. doi: 10.11607/jomi.3045.

12  Dholam KP, Gurav SV. Dental implants in irradiated jaws: A literature review. J Can Res Ther [serial online] 2012 [cited 2016 Aug 17];8:85-93. Available from: http://www.cancerjournal.net/text.asp?2012/8/6/85/92220

13  C. NACK, J.-D. RAGUSE, A. STRICKER , K. NELSON & S. NAHLES. Rehabilitation of irradiated patients with chemically modified and conventional SLA implants: five-year follow-up. Journal of Oral Rehabilitation 2015 42; 57—64

14  Nelson, K., Stricker, A., Raguse, J.-D. and Nahles, S. (2016), Rehabilitation of irradiated patients with chemically modified and conventional SLA implants: a clinical clarification. J Oral Rehabil, 43: 871–872. doi:10.1111/joor.12434

15 Devlin H, Garland H, Sloan P. Healing of tooth extraction sockets in experimental diabetes mellitus. J. of Oral Maxillofac. Surg. 1996; 54:1087-1091.

16  Wang F1, Song YL, Li DH, Li CX, Wang Y, Zhang N, Wang BG. Type 2 diabetes mellitus impairs bone healing of dental implants in GK rats. Diabetes Res Clin Pract. 2010; 88:e7-9.

17 IDF Diabetes Atlas, 7th Edition, 2015 http://www.diabetesatlas.org/

18 US Centers for Disease Control and Prevention. Diabetes 2014 report card. Available from: www.cdc.gov/diabetes/library/reports/congress.html. Accessed September 2015.

19 Machuca G., Cabrera J.J. “A prospective, case-control clinical study of titanium-zirconium allow implants with hydrophilic surface in patients with Type 2 diabetes mellitus” Manuscript submitted.

20 Hotchkiss KM, Ayad NB, Hyzy SL, Boyan BD, Olivares-Navarrete R. Dental implant surface chemistry and energy alter macrophage activation in vitro. Clin. Oral Impl. Res. 00, 2016, 1–10. doi: 10.1111/clr.12814

21  Lee R, Hamlet SM, Ivanovski S. The influence of titanium surface characteristics on macrophage phenotype polarization during osseous healing in type I diabetic rats: A pilot study. Clin Oral Impl Res (accepted 4/8/2016).

22 Straumann (2016). SLActive supports enhanced bone formation in a minipig surgical GBR model with coronal circumferential defects. Unpublished data

TOP